茨城県 龍ケ崎市

龍ケ崎市は、将来都市像として「人が元気 まちも元気 自慢したくなるふるさと 龍ケ崎」を掲げて、「ふるさと龍ケ崎」を市民が一体となって未来につないでいくことを現世代のミッションとしています。そして、2017年度より市の最上位計画である「第二次ふるさと龍ケ崎戦略プラン」を策定し、将来都市像の実現に向けて「子育て環境日本一」「市民活動日本一」「防災・減災日本一」「スポーツ健幸日本一」の4本の日本一の旗を掲げ、「ふるさと龍ケ崎」の将来を見据えた街づくりに取り組んでいます。
\龍ケ崎市が求める人材/
◆自ら求めることを絶やさない、柔軟な発想とチャレンジ精神を持ち合わせた方
◆市民のために何が必要かをジブンゴト(自分事)として考えられる方
◆龍ケ崎への郷土「愛」とその「誇り」を持ち合わせた(られる)方
◆笑顔を忘れず、笑顔のあふれた方
龍ケ崎市マスコットキャラクター『まいりゅう』
  •  関東鉄道竜ケ崎線 ラッピング号
  •  関東三奇祭 撞舞(つくまい)
  •  牛久沼に広がる青空と風景
  •  般若院に咲くシダレザクラ
  •  牛久沼から望む夕焼けと筑波山
  •  龍ケ崎市役所庁舎 外観
活躍する"職員"をインタビュー
三澤 拓也さん | 市民生活部 生活安全課 空家対策室 2020年入庁
子供の将来を一番に考えた先に「龍ケ崎市役所」でのキャリアがあった
前職のセールストークスキルが今に活きている!
私は2020年4月に、7年間働いた家電量販店から龍ケ崎市に転職しました。
前職では、入社2年目でリーダー職、5年目で店長を経験し、キャリアとしては順調で仕事自体も楽しさを感じていました。一方で、この先何十年と働くイメージをしたときに、これ以上の役職を目指すのではなく、違うフィールドで新たなキャリアにチャレンジしてみたいと考えるようになりました。また、プライベートでは、子供が生まれ、地元の龍ケ崎市に家を持ち、子育て環境や子供の将来を一番に考えるようになると、「子供の為に地元で働きたい」という気持ちを持つようになっていきました。その中で、転職先に龍ケ崎市役所を選んだのは、「家族が暮らしていく龍ケ崎に携わりたい」「生まれ育った龍ケ崎に恩返しがしたい」という気持ちから。生まれ育った地元・龍ケ崎を一度離れて戻ってきたときに感じた街の変化がずっと心に引っかかっていて、新しいお店が立ち並ぶエリアでは活気がある一方で、違うエリアでは閉店するお店もあり、昔のにぎわいを感じられない一面に寂しさも覚え、「地元をもっと盛り上げたい」と龍ケ崎市に転職を決意しました。
龍ケ崎市の採用の特徴としてあげられるのは、選考フローの中に一般的に知られる公務員試験がないことです。一般企業で用いられるSPI3試験と面接ということで、民間企業から公務員へのキャリアチェンジのチャンスが広がったこともよいきっかけになりました。民間の企業で培ったノウハウやこれまでの経験をみて選考してくれる点にもモチベーションも上がりますし、自分の経験が活かせると感じました。
現在は、管理不全な空家の指導や、空家バンクの運営を行う部署で働いています。草が伸びている、台風で空家の木が倒れてしまった等、管理不全な空家周辺の住民の暮らしの安全を守るため、空家所有者等に適正管理の依頼や、利活用のために所有者と業者の間に立って橋渡し的役割を担っています。住民以外にも外部企業との関わりも多く、コミュニケーションが大事に感じる仕事ですが、前職で培ったセールストークのスキルが活かせているように感じます。また、コロナ禍で注目され始めた移住にも関連した仕事をしていて、空家の利活用を促すことで間接的に市のPRにも関わることができ、面白さを感じながら働いています。
これからの長いキャリアで様々な部署を経験することになると思いますが、「生まれ育った龍ケ崎を大切にしたい」という気持ちを変わらず持ち続け、龍ケ崎に貢献していきたいです!
My Favorite
サッカー(龍ケ崎市役所の部活動)
スノーボード
バーベキュー
#民間企業経験者
#アウトドア派
#トレンドチェックは欠かせない
#理系出身
#自治体魅力アピール

細田 理紗さん | 市民生活部 納税課 2020年入庁
自分のルーツは「龍ケ崎」にあり!
民間企業から市役所へキャリアチェンジ!
2020年4月に金融企業から転職し、龍ケ崎市に入庁しました。私は生まれも育ちも龍ケ崎。大学時代、実家から2時間以上かけて都内に通った4年間は、騒然とした都会の雰囲気と人の多さになかなか慣れることができず、生まれ育った地元・龍ケ崎の環境に日々愛着が湧いていきました。なので、就職活動当時は必然的に、地元で仕事をしよう!と意思が固まっていて、地元企業か市役所への就職を考えていました。ただ、市役所の仕事に堅苦しいイメージを持っていて、公務員を志望する友人も周りにいなかったので、市役所で働くイメージが持てず地元に根付いている地方銀行に就職を決めました。社会人になると市役所職員の方と知り合う機会があり、仕事の話を聞く中で、様々な部署があって異動を重ねることで充実した経験が持てること、裁量を持った仕事ができること等、自分が持っていた仕事イメージと違っていたことがわかると、しだいに市役所の仕事に興味を持つようになりました。また、龍ケ崎市役所内の銀行の派出所で勤務する機会もあり、職員が働いている姿を直接目にすると、「地元・龍ケ崎のためにここで働きたい」と希望が確信に変わり、転職を決めました。
現在は、納税相談や滞納時の処分執行・履行管理を行う部署にいます。「納税は国民の義務」ということをよく理解してもらうために、住民と対話することが多くある仕事ですが、前職の銀行でのスキルがここで非常に活かされていると感じていて、ご理解いただくための丁寧な対応と対話力は特に強みになっています。部署内の雰囲気は、前向きに働けるような雰囲気づくりがされていて、お互いを励まし合ったり、アドバイスを送ったり、たわいもない会話も多かったり。それぞれの職員が働きやすい環境づくりを意識していて、毎日心地よく働くことができています。
龍ケ崎は都内へのアクセスが良かったり、程よく自然があって子供たちが遊べる公園が多くあったり、住民が暮らしやすい環境づくりがされている街です。もっと龍ケ崎市民が充実した暮らしができるように将来的には街づくりの企画に携われるような課を経験したいと思っています。
私のように地元・龍ケ崎が好きで大人になってもずっと暮らしていきたいと思ってもらえる街にするために、様々な部署を経験して龍ケ崎のために奮闘していきたいです。
My Favorite
長距離ドライブ
SNSでASMRの動画を見る
ホラー映画を観る
#民間企業経験者
#外交的です
#ご飯は仕事のエネルギー
#尊敬する上司がいる
#人と話すことが好き
#文系出身
#正義感がある
#就活に悩んでいた経験がある
#チームワーク大事
2022年度 募集要項

募集職種
一般事務職(民間企業等経験者含む)
職務概要
市政のあらゆる分野における計画策定、施策立案、事業実施、窓口業務などの行政事務
採用予定人数
10名程度(民間企業等経験者は2名程度)
応募資格
・平成4年4月2日から平成12年4月1日までに生まれた方
・学校教育法による大学を卒業されている又は令和4年3月31日までに卒業見込みの方
▼民間企業等経験者
・昭和57年4月2日から平成4年4月1日までに生まれた方で民間企業等における職務経験が直近7年中5年以上ある方
・学校教育法による大学を卒業されている方
給与等
大学卒 188,700円(205,683円)
短大卒 165,900円(180,831円)
※( )内は地域手当を含む額
※令和3年4月1日現在の内容となります
■各種手当
地域手当9%、扶養手当、住居手当、通勤手当、地域手当、時間外勤務手当 等
応募受付期間
5月31日(月)から6月14日(月)まで
応募方法
下記のPDFより、募集要項・詳細をご確認ください。
※具体的な応募詳細、試験日程、上記掲載以外の採用職種などの記載がございます。
採用窓口
龍ケ崎市総務部人事課 人事・研修係
〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地
TEL:0297-64-1111(内線373)
MAil:jinji@city.ryugasaki.lg.jp
URL